合宿免許が安い理由

高校を卒業後、ほとんどの人は自動車運転免許を取りに行きます。この免許は、自動車学校や自動車教習所で、技能と学科の教習を受け、いくつかの試験に合格すれば貰えます。ただ、その教習を受ける場所、つまり自動車学校や教習所には2つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

まずは通学制です。自宅から教習所に通うもので、免許を取りに行くと言えば、一般的にはこちらになります。通学制のメリットは、仕事や学校の都合に合わせて通えるといったところでしょう。日常生活を送りながら、空いた時間を利用して教習を受けるのです。ただ、他の教習生の都合もありますから、自分の思うようなスケジュールにはならないこともあり、卒業までには通常2~3カ月の期間が必要となります。期間が長くなるため、どうしても費用は高めになるのも、通学制の特徴と言えます。

次に合宿制です。こちらは教習所が用意した宿泊施設に泊まり込み、朝から夜までみっちりと教習を受けるといったタイプです。通学制と比べ、はるかに短い期間で卒業できるのが最大のメリットでしょう。また費用も安く設定されていることもあり、長期休暇中の学生の利用が多くなります。ではなぜ、合宿免許の費用は安いのでしょう。

趣味の悪い金色の車

合宿免許の魅力とは

合宿免許の費用は、通学制と比べ10万円ほど安く設定されています。その理由として、まず挙げられるのが教習のスケジュールです。通学制の場合、スケジュールを決めるのは教習生です。自分たちの都合に合わせたスケジュールを組みますので、教習所側からすると、どうしても効率が悪くなってしまうのです。しかし合宿制の場合、スケジュールは教習所側が一方的に決めてしまいます。そのため、キャンセルや混雑がなくなり時間を有効に使えるため、それが費用に反映されるのです。

また、合宿免許は最短14日間で卒業が可能です。つまり、教習生の入れ替わりが早く、短い期間で多くの教習生をさばけるため、利益率が高くなるのです。教習のスケジュールに無駄がないため、こういったことも可能になるわけです。

合宿免許は学生を中心に人気となっています。つまり、夏休みなどの長期休暇には混み合いますが、そのほかの時期は比較的空き枠が多くなります。こういった時期は、さらに費用が安くなるキャンペーンが行われることがあり、それを利用するともっとお得と言えます。また、合宿免許はその立地がほとんどの場合、自然豊かな場所にあります。つまり設備の維持費が抑えられるため、さらに安くなるのです。このように短期間で格安、これこそが合宿免許の魅力なのです。